<< カールアイロンのブーム去る!? | main | トリートメント効果を最大限に引き出す方法 >>

Oggiがデジパーを導入しなかった理由・・・。

 先日、「カールアイロンのブーム去る!?」という記事の中に、デジパー離れが進んでると書きました。

デジパーを導入していない、Oggiには、他人事なので関係ないのですが・・・。

ですが、昨年前半までは明らかに、デジパーの需要があったわけで・・・。

Oggiにはデジパーがないので、既存客様が他店でかけて、ボロボロの髪になって再来店なんてことも少なからずありました。店長は悲しい・・・(笑)。

デジパーを導入すれば、確実に新規顧客は増えたはずです。
ですが、Takuはデジパーを導入したくなかった!

では、なぜデジパーを導入したくなかったのか!?

それは、Oggiのコンセプトとずれているからです!!
Oggiは手触り、質感、低ダメージというのを謳ってます。

デジパーはそのコンセプトからかなりずれているのでは!と思い導入を見送りました。


私も、デジパーの説明会や講習会に参加した経験がありますので、もちろんデジパーの良さも理解しているつもりです。

確かにバージン毛や、カラー1,2回の施術のダメージレベルの髪にはビックリするぐらい綺麗なカールを作ることができます。


ですが、デジパーとは、簡単に言えば縮毛矯正のウェーブ版です。
行程も、アイロンがロッドになっただけでたいして変わりません。

じゃあ、なぜ縮毛矯正は導入しているの?と質問されそうですね・・・?

それは、縮毛矯正の場合は繰り返し施術するときに、根元にだけ縮毛矯正をすることができるからです。

ですが、デジパーはパーマという特性状、毛先から巻かないとかけられないのです・・・。
ということは、3回デジパーを施術した髪は、毛先に3回縮毛矯正を施術したのと同じです。
そうなんです!だからデジパーを繰り返しかけてる方の髪はボロボロなのです!!
残念なことに、後は短くカットするしか打つ手はありません・・・。
そんなの我慢できますか・・・!?

私は、お客様の髪がボロボロになっていくのが耐えられません!!

いくら儲かろうとボロボロになると分っていて施術はできません!!

だから、導入しないのです。

美容室のなかには、未だに「デジパーかけても髪は全く痛みません」と謳って売り込んでる美容師がいるようです。非常に残念です・・・。

これを、読んだ方でそのような美容師に当たってしまった方は、すぐにその美容室に通うのを辞めることをオススメします。

その美容師はきっとアナタの髪の事ではなく、自分の売上の事しか考えていないから。

プロとしての責任とプライドは失いたくないものです。

ですが、技術は進歩するものです!
今は、まだまだですが、この先デジパーがものすごく改良されて私がこれならいける!!と太鼓判をおせたら、もちろんその時は導入します。(それまで生きているかなぁ)
実際、今あるデジパーも、むかーーーーーしあった電気パーマの改良版だしね。

その時は、どんなデジパーになってるかなぁ・・・。

美容室Oggiのwebサイトへ
| 美容室 Oggi hair design studio | 18:08 | comments(5) | この記事のURL |
Comment
こんばんは。

こないだお世話になりましたm(_ _)m
ダメージと言えば僕の髪どうでした?
最近髪が硬くなった気がします、前はもっと柔らかい?ような髪だった気がします。

あの後アラカブ狙いで行ってきました、チビ二匹だけでした…腕が悪いのか、ポイントが悪いのか…

2011/01/19 9:31 PM, from トモ
トモさん、先日はご来店ありがとうございました。

髪のダメージはそれなりにありました。それに、確かに硬い髪でしたね。

釣りは自然が相手なので釣れないこともありますよ!
私は、前回の釣行はバイトすらありませんでした。
アラカブとメバルは以前と比べると本当に数が減りました・・・。
悲しい事です。
たまに、5センチにも満たないアラカブをすべてキープしたり外道の魚を生きたまま陸に投げ捨てるエサ師を見かけます。
その辺はルアーマンの方が、マナーがあると感じます。

マナーあるルアーマンになりたいですね!

2011/01/20 10:21 AM, from taku
こんばんは。

すいません質問です。
て言うか、お店のブログに個人的な質問ばかりすいませんm(_ _)m

釣り用の靴は何使ってますか?
僕はフェルトスパイクブーツ使ってるんですけど、場所によっては滑る気がします。
お勧めありますか?
やっぱりソールを張り替えられるタイプの方が、経済的ですか?
2011/01/21 11:52 PM, from トモ
多くの、磯釣り師がシューズで悩んでます。

実際、万能の靴底は今のところ、存在しません。
場所、季節に応じて靴を変えるのが望ましいと思います。

そういう意味では、ソール張替えタイプはかなり理想だと思いますが、土の上を永く歩いたりすると、マジックテープの間に砂が入り突然はがれて転倒…骨折というのは、よくある話です。

ちなみに、私はアクアステルスソールを優先してはきます。
ピンスパイクもフェルトスパイクも持ってますが、アクアステルスが一番歩きやすいです。ヌルッとした場所はかなりすべりますが・・・。

聞いた話では、シマノのカットラバーピンフェルトというフェルトとゴムとピンが一つになってるソールがありますが、かなり良いグリップ力だそうです。
2011/01/22 6:46 PM, from Taku
こんばんは。

有り難うございます。
参考にします。
2011/01/23 8:57 PM, from トモ









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

美容室Oggiのwebサイトはコチラ

New entries
Categories
Archives
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Profile